wrongwrongな開発日記

しんまいさんの忘備録

【HTML/CSS】axiosでAPIを叩く【JavaScript】

ソースコード

axiosでGitHub APIを叩くサンプルです。自分(k163377)のリポジトリ情報を取得し、その名前を書き出します。
一瞬詰まった点としては、取得成功時に呼ばれる関数内でエラーを出した場合、処理はそこで中断されてエラー処理関数が呼び出されることがあります。まあaxiosの呼び出しがtry-catch文だと見れば自然ですね。
処理の規模がここまで小さいならラムダ式使ってもよさそうです。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <meta charset="UTF-8";>
  <script src="https://unpkg.com/axios/dist/axios.min.js"></script>
  <script type="text/javascript" src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.min.js"></script>


  <script>
    let baseUrl="https://api.github.com/users/"

    function main(){
      let url = baseUrl + "k163377" + "/repos"
      console.log(url)
      axios
        .get(url)
        .then(getReposSuccess)
        .catch(getReposFailure)
    }

    /* 取得成功時 */
    function getReposSuccess(response) {
      console.log(response.data)
      for(let repo of response.data) {
        console.log(repo.name)
      }
    }

    /* 取得失敗か成功時関数でのエラー時 */
    function getReposFailure(error) {
      /* エラー処理 */
    }

    window.onload = main
  </script>
</html>
実行結果

f:id:wrongwrongwrongwrong163377:20180822202951p:plain