wrongwrongな開発日記

情報系大学生が挑戦したことや日常を書いていきます

ぼくのかんがえた最高の自作PC2017年10月版

wrongwrong163377.hatenablog.com

第二回です。

完成させたピックアップリストが事故って吹き飛んだので、こちらに書きます。

面倒なので、書くのは主要なパーツだけにします。

コンセプト

A4-SFXでお馴染みDAN Casesが開発中のPCケース、C4-SFXを採用し、240mmラジェーターを採用した簡易水冷GPUを組み込んだITXです。

勿論ビジュアルには気を使い、RGB ライティングにも気を使って考えます。

ケース "C4-SFX"

hardforum.com

今回のメインパーツその1です。

このケースの特徴は、240mmラジェーターを搭載可能なかなりコンパクトのケースという点でしょう。 上下を入れ替えることも可能みたいなので、ラジェーターが上側に来るように置くつもりです。

主要な容積スペックは以下の通りです。

  • SFX/SFX-L電源搭載可能
  • 最大CPUクーラー高60mm
  • 2スロット、295mmまでのGPU*1
  • 240mmラジェーター搭載可能、ラジェーター+ファンは最大55mm

GPU "(iGame GTX1080Ti Neptune W)"

www.links.co.jp

Colorfulの240mm簡易水冷グラボです。

RGB制御的な意味で、特に簡易水冷グラボのセンスが好みのGigabyteに240mm簡易水冷具グラボを出して欲しいんですが、GigabyteASUSMSIはどこも今の所240mm簡易水冷グラボを出す気配が無いです。 残念。

スペックを見ていて気付いたんですが、ラジェーター+ファンが57mmで許容量をオーバーしてる臭いという……。

後述しますが、ライティング用のファングリルも入れたいので、実際どれだけ入れられるのか気になりますね。

ラジェーター用ファン "SC120RGB"

www.xigmatek.com

内側を通して、サイドパネルから漏れる光が欲しいので、RGBファンの搭載を考えました。

そこで見つけたのがこのファンです。 自分の知る限り、RGBファンとしては最も高静圧で、回転数・dBが低い良質なファンに見えます。 というかRGB抜きにしてもラジェーター向けとしてかなり優秀。

ラジェーターの冷却には良さ気なのでチョイスしました。

 ファングリル "FG121"

www.amazon.co.jp

前回に引き続きファングリルとしてFG121を選択しました。

こちらはケースの上部に配置し、上から光を出す機能を担ってもらうつもりです。

ただ厚さが6mmあるため、ラジ+ファン+FG121というのは入りきるかかなり微妙ですね。

マザーボード "Z370N WIFI

www.gigabyte.jp

Gigabyteの簡易水冷グラボへの期待を込めて、仮置きですがこれを選びました。

一応M.2が表にあって、ヒートシンクがついてる辺りは好みです。

ただ、ASUS300系チップセットマザーの方がデザインもライティングも好みなんですよね……。

というかZ370ではZ270N Gaming 5みたいなマザーは出ないのかな?

CPUクーラー "風神スリム"

apac.coolermaster.com

最大CPUクーラー高が60mmということで、kakakuに載っている製品ではこれが最良だと思います。

一応TDW95W位までは普通に冷やせそうですが、窒息気味の環境になることも含め、組むならCPU殻割りするつもりで居ます。

が、もうチョットいいCPUクーラー無いもんかなあと……ヒートパイプダイレクトタッチが嫌だ……。

後気になるのがメモリとの干渉ですね。 光るメモリを採用したいんですが、ヒートシンク高が高すぎると確実に干渉しそうです。 調べた限り、これを採用するなら、今の所Kingston HyperX RGBしか可能性が無いように見えます。

CPUクーラー用ファン "XT-140"

www.amazon.co.jp

正直効果は薄い気がしますが、120mm穴固定の140mmの薄型ラウンドフレームファンであれば、静音化と風量増が期待できます。

ただ、ヒートシンクの外までファンがはみ出る関係で、CPUの冷却にどこまで影響が有るかは何とも言えません。

一応書きましたが、採用はしないかな……。

まとめ

今回はC4-SFXに合わせたパーツ選びを書きました。

空冷でロープロファイルとなると、碌なCPUクーラーが有りませんね(暴言)。

ただ、コンパクトさを追求するとどうしてもCPUクーラーに皺寄せが来るのも理解できるのでモニュります。

殻割りした8700K程度であれば、多少OCしても風神スリムで冷やせる……といいなあ。

C4-SFXは未発売の製品なので、多少性能は変わるでしょうから、それに期待ですかね。

*1:サイトの画像を見ると、ASUSのMATRIX-GTX980-P-4GD5が積まれているように見える。 これのサイズは297 mm×152 mm

【Android】LinearLayoutをJavaコードから弄る

初期化
LinearLayout mLinearLayout = new LinearLayout(this);
水平/垂直の選択
mLinearLayout.setOrientation(LinearLayout.VERTICAL);
//mLinearLayout.setOrientation(LinearLayout.HORIZONTAL);
部品の追加(他のViewやLayoutでも大体共通)
mLinearLayout.addView([パーツ]);
/*mLinearLayout.addView([パーツ], 
  new LinearLayout.LayoutParams(
    LinearLayout.LayoutParams.MATCH_PARENT, 
    LinearLayout.LayoutParams.MATCH_PARENT
  )
);*/

Tes-IQでIQを測ってみた

Home - IQ Test

↑やってみました。

結果は↓の通り、IQ122、やったぜ。

IQ Test with Instant Result - IQ Test

f:id:wrongwrongwrongwrong163377:20171011012204p:plain

正答率は26/30でした。

ブログ開設から半年

どうやら3日前にブログ開設から半年が経過していたようです。

元々は、春休みにAndroidアプリを作成し、その後のプログラミングの備忘録として開設したブログでしたが、自作パーツやゲーム等の記事が増えて、何がテーマのブログだったっけという気分です。

一番アクセスを頂いているのは、以下の記事。

wrongwrong163377.hatenablog.com

RGB LED搭載メモリーへの注目度は高く、全2500アクセスの1/4程度のアクセス数を稼いでいます。

最初はもう少しアクセス伸びるかな、なんて妄想していましたが、アクセスを伸ばすための努力もしていませんし、こんなもんですよね。それでも、はてなアクセス解析で1日平均50アクセスまでは来ているのが、少し嬉しいです。

まあ、自由に書けるのは結構いい感じですね。読み返してみると、初めの方は文体が安定していなかったり、読みにくかったり、今更書き直そうとも思いませんが、今の自分は成長しているんだろう、と思っておきます。

最近の大きな出来事は、大学院に受かったことです。

後2年間(で、終わると良いなあ……)程学生生活を送るのは、地元の友だちなんかを見ていると置いて行かれている感が有りますが、気にせず進むのが良いのでしょう。

【Minecraft】LogisticsPipesを軽くするためのconfig設定(未検証)

こんなタイトルで記事書いておいて大変申し訳ありませんが、今回の記事の内容は未検証で、効果を確認できていません
これらの設定は、特に大規模なロジスティクスネットワークを構築した際に有効になってくると思われますが、まだ自分は大規模なロジスティクスネットワークを構築できていないので、フレームレートへの影響は検証できていません。

環境

自分の環境です。

Mod他 バージョン
Minecraft 1.7.10
Forge 10.13.4.1614-1.7.10
BuildCraft 7.1.22
LogisticsPipes 0.9.3.132

設定1 描画に関して

LogisticsPipes.cfgから、OpaquePipesをtrueに設定します。

    # Render every LP pipe opaque.
    B:OpaquePipes=true

説明を読む限り、この項目はパイプを不透明にレンダリングするということで、描画負荷を軽減することができるはずなのですが、自分の環境で設定してみた所、特に描画に変化がありませんでした。
何か勘違いしているかもしれませんが、取り敢えず検証はできていません。
(17/9/21追記)この項目は、有効にするとパイプが輸送するアイテムがレンダリングされなくなるようです。

設定2 CPUのマルチスレッドに関して

この設定は、4コア以上のCore i7のような、ハイエンド系の環境で有効と思われる設定です。
LogisticsPipes.cfg最下部の、multithreadブロック内、I:countの値を、使用しているCPUのスレッド数に合わせて変更します。
デフォルトの値は4で、今回は自分のPCのスレッド数に合わせて8に設定した例を出しています。

    # Number of routing table update Threads, 0 to disable.
    I:count=8

一個下の設定内容も、恐らく10(heighest)に設定すると、CPUでの処理速度が向上するように思えますが、やはり検証はできていません。

表現の自由と、それを規制すべきだという意見について考えたこと

先日、Twitter社日本法人が入るオフィスビル前で行われたデモをきっかけに、表現の自由と、それがどこまで許されるべきか、という内容の議論が盛り上がっています。

www.huffingtonpost.jp

この話について、自分が考えたことを日記としてまとめます。

デモについて、自分の立場

自分は、「このデモ」そのものには、賛同することができないという立場を取ります。

ネット上で散々指摘されているように、ヘイトとは言えないようなツイートまで踏みつける行為は、それを発信した方へヘイトを向けていることと何ら変わり無いと思うからです。

「ヘイトは表現として規制されるべきだ」という意見について、自分の立場

ここからはデモの話を離れ、その後巻き起こったヘイトと表現規制についての話です。

自分はネット上で、「ヘイトは表現とは言えない、だから規制されるべきだ」という意見を目にしました。また、表現の自由を振りかざしてヘイトを行う人間を擁護するのはおかしい、という意見も目にしました。

これについて、自分は全く同意できません。

というより、「他者を律しようとするようなヘイト」への対抗手段としての表現規制と言うのは、ズレた対応だと感じます。

表現と表現の範囲を超えるもの

自分の結論から言うと、ネット上にただ置いてあるだけのヘイトは、ただの自己満足に過ぎず、自己満足であるが故に表現であり、表現であるが故に自由だ、と考えています。

 自分は、表現とそれ以外の範囲との境界線を、「能動的に他者を律しようとしているか」、という部分に引いています。

「自分はこう思う!」という主張を自己満足で行うことは、誰にも制限されるべきではないと、自分は思います。

それはまだ表現の範囲に留まっていると考えています。

規制されるべきものは何か

自分は、「ヘイトスピーチは表現とは言えない、だから規制されるべきだ」という意見が生まれた裏には、「表現の範囲を超え、他者を律しようとする人間は、表現としてのヘイトを行っている」という認識があるのではないかと考えています。

この認識そのものは殆ど外れていないように思います。しかし、この場合規制されるべきなのは表現の範囲を超えた行いであって、表現ではないはずです。

そもそも、法のような根拠も無しに他者を律しようとするのはただの迷惑行為でしょう。

 これはどんな人間にも関係無く言えることです。

そんな迷惑行為は規制されて当たり前です。それが規制されないのは、表現の自由とは何ら関係の無い話です。

表現としてのヘイトに立ち向かうには?

表現の範囲としてのヘイトまでやめさせようというのであれば、その主張もまた、表現の範囲から出るべきではないと、自分は思います。

権利は万人に認められたものであり、それを犯すことはどんな崇高な理由を掲げようと正当化されることはないでしょう。

終わりに

今回の件で強く感じたことは、「他者を律しようと行動する癖に、事象、原因、根拠の3つを正しく揃えることを考える人間は少ない」ということです。

これらを揃えた意見は、それが正しいのか間違っているのか他人が検証できる、だからこそ他者を律する根拠となりうるのだと、今回の件で自分は考えました。

【Minecraft】BuildCraftのポンプで水源を消すためのconfig設定

最近Minecraftの工業化やってます。Minecraft、時間泥棒ですね……。
本題通り、BCのポンプで水源を消す方法です。

設定

BCのmain.cfgから、pumpsConsumeWaterの項目をtrueに設定します。

    # Should pumps consume water? Enabling this might cause performance issues!
    B:pumpsConsumeWater=true

設定ファイルは、自分の環境ではC:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\.minecraft\versions\1.7.10-Forge10.13.4.1614-1.7.10\config\buildcraft\main.cfgでした。

注意点!

これだけの設定では、BCのポンプで水抜きを行うのは不可能です。
『水抜き→水源生成→水抜き……』のサイクルが繰り返されてしまい、水を抜ききる事ができません。
# Should pumps consume water? Enabling this might cause performance issues!とある通り、ただ処理が重くなるだけです。

対策

自分は、ProjectRedなどで導入するCodeChikenCoreの設定から、水流が水源を生成しないように設定しました。
ただし、この対策を取ると当然無限水源が利用できなくなるので注意して下さい。
設定には、CodeChikenCore.cfgから、finiteWaterをtrueに設定します。

	#If set to true two adjacent water source blocks will not generate a third.
	finiteWater=true

ファイルパスはC:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\.minecraft\versions\1.7.10-Forge10.13.4.1614-1.7.10\config\CodeChikenCore.cfgでした。

環境

自分の環境です。

Mod他 バージョン
Minecraft 1.7.10
Forge 10.13.4.1614-1.7.10
BuildCraft 7.1.22
CodeChickenCore 1.7.10-1.0.7.47-universal