wrongwrongな開発日記

しんまいさんの忘備録

【Google ドキュメント】Google ドキュメントで使える等幅フォント

(※6/13 記事を全面的に差し替え)

ドキュメントにプログラムを貼り付ける時に見やすくなるように、Googleドキュメント/スプレッドシート/スライドで使える等幅フォントを探しました。

フォントの追加手順についても書きます。

フォントの選択/追加

以下の順番でやると分かりやすいと思います。

  1. 「フォントの追加」から等幅フォントを探す
  2. 使える等幅フォントの中から良さ気なものを探す
手順

フォント選択画面から「その他のフォント」を選びます。

f:id:wrongwrongwrongwrong163377:20180613150558p:plain

以下のような画面が出るので、「表示」のプルダウンから「等幅」を選びます。等幅以外にも色々なフォントを見ることが出来ます。

f:id:wrongwrongwrongwrong163377:20180613150713p:plain

フォントの使用例

Source Code Pro、Ubuntu Mono、Roboto Monoの3種類のフォントを試してみました。

f:id:wrongwrongwrongwrong163377:20180613152350p:plain

個人的にはUbuntu Monoが良さ気かな?と思ってます。

不満な点

日本語のフォントがもっと欲しいです。貼ったサンプルの通り、日本語は全く等幅では有りません。コメントが綺麗に表示されないのは困るので、もう少しなんとかしてほしいなと思います。