wrongwrongな開発日記

しんまいさんの忘備録

【LaTeX】数式環境の使い分け早見

自分がLaTeX資料を作る時にっている数式環境をまとめます。

行中数式

$$を使っています。場合によっては数式と本文のフォントが食い違うため、1文字の数字や文字でも囲んだ方がいい場合も。

$a = b$

式番号無し数式

\[ \]を使っています。\begin{equation*} \end{equation*}でもできますが、単純に文字数が少ないのでこちらの方が良いと思います。

\[
  a = b
\]

式番号付き数式

\begin{equation} \end{equation}を使います。説明は不要ですね。

\begin{equation}
  a = b
\end{equation}

複数行にまたがる数式

\begin{align} \end{align}を使います。\begin{eqnarray} \end{eqnarray}でも同じようなことができますが、実際に使っていて諸々の問題にぶち当たったので非推奨です。

\begin{align}
  a &= b\\
  c &= d
\end{align}

参考ページ

更に詳しい内容は下記のページが参考になります。
https://qiita.com/t_kemmochi/items/a4c390b4967b13f3afb7qiita.com
ichiro-maruta.blogspot.jp